早漏の改善のための医薬品の輸入と人工授精について

妊娠と言うのは、タイミングがとても重要です。
基本的には女性が排卵する2,3日前から妊娠する確率がぐっとアップしますが、それはあくまでも確率論と言う事になっており実際には体調やストレス、精神状態等様々な物が関係しています。
結婚して定期的に性行為を行っているのに妊娠しない場合は、もしかしたら不妊の場合があります。
不妊は一昔前までは女性側にしか原因がないとされていましたが、実際には男性側にも原因があると言う事が今では明らかになっています。
その原因の一つと考えられているのが射精障害です。

早漏は射精障害の一つの症状で、自分で射精をコントロールする事が出来ない状態の事です。
実際には射精をする事が出来ているのだから大丈夫なのではないかと思っている人もいますが、中には膣内に射精が出来ないと言う人も決して珍しくありません。
膣内で射精が出来ないと、妊娠する確率はぐっと下がって行ってしまうので注意が必要です。

早漏を改善する方法の一つは医薬品の利用です。
ただ日本国内ではまだ認可されていない為に、基本的には個人輸入を行って入手する事になります。
医薬品を入手すれば、射精をコントロールする事が可能となる為に膣内での射精も決して不可能ではありません。

ちなみに、早漏でさらに膣内での射精が出来ない場合でも、精液を採取する事は可能です。
その為、自慰によって射精して人工授精をすると言う人も現在では増えています。
ただ人工授精の場合は方法によっては多額の費用が発生してしまう事になる為、その点は良く理解しておかなければいけません。
勿論その成功率も100%と言う訳ではない為、何度もチャレンジしなければいけない事も多く、結果的に男女ともに負担となる場合もあります。

トップページへ